白髪染めをどうすれば長持ちさせられるのか

白髪染めの頻度は2ヶ月に1度の割合がいいとされています。その方が肌や髪へのダメージが少ないからです。
しかし2ヶ月も色が持たない、色落ちしてしまうという場合に白髪染めのカラーをもっと長持ちさせる方法はないのでしょうか?

■白髪染めを長持ちさせるには

まず白髪染めを長持ちさせるのに重要な事は染める時にしっかりと色をつけておく事です。
しっかり染色されていなければ色落ちが早くなるのも当然です。
染料をつけた後待つ時間を少し長めにしたり、ビニールキャップをかぶる事で染色を髪の奥までしっかりと浸透させましょう。

■ヘアケアを行う事で色落ちしにくい髪質にする

白髪染めとは髪に染色を行う行為です。キューティクルを開いて髪の内側に染色を浸透させる方法と髪の表面に付着させる方法があります。
どちらに共通して言える事は、髪がパサついてタンパク質や水分が不足している状態だと浸透した染料もすぐに落ちてしまうという事です。
つまり髪が傷んでいると染まりが悪く、染まってもすぐに色落ちしてしまうので、髪の健康状態を良くすることが色を長持ちさせる事につながるのです。

■白髪染めを長持ちさせるために日常生活で気を付けたい事

髪の健康を良くする以外にも日常生活の中で気を付けない事があります。
それは直射日光で紫外線に当たると髪が傷んでしまいますし、また髪の色が抜けて茶色くなってしまいます。
同じ事が直射日光だけでなく、ドライヤーの熱によっても起こりますから注意が必要です。

白髪染めを長持ちさせるためにはまずしっかり染色し、そして色落ちしにくい健康な髪になり、それをキープするために紫外線やドライヤーの熱に気を付ける。
まずはこれらを守ってみて下さい。色落ちしにくい髪質になると思います。