なぜパッチテストをしなければいけないの?

自宅で白髪染めをする際には必ずパッチテストを行う必要があります。
パッチテストなんて面倒くさい、特にアレルギー持ちでもないし肌は丈夫な方だから大丈夫だと自己判断は極めて危険です。

■パッチテストは初回だけすればOKではない

パッチテストって初めて利用する白髪染めに対してアレルギー症症状が出ないかどうか判断するテストだから1回目が無事だったら2回目以降は必要ない。
そんなふうに思っている人もいるかもしれませんが、パッチテストは白髪染めを利用する際には毎回行うものです。
なぜかというと前回がアレルギー症状が出なかったからといって今回が出ないとは限らないからです。
抗体が出来、それが限界量を超えてしまった時に突然発症するのがアレルギー症状なのです。

■パッチテストの方法

パッチテストの方法を紹介したいと思います。まずこれから使用しようと思っている白髪染めを腕の内側に直径2センチ程度塗って下さい。
そして乾燥させてカーゼなどでその部位をおおいます。そして48時間アレルギー症状が出ないかどうか待ちます。

48時間たって皮膚に何の変化も出なかった時は問題はありません。
アレルギー症状があった場合はかぶれてしまったり、赤くなったり、ひどい時には湿疹や水泡が出る場合もあります。
おかしいと感じた時にはすぐに病院へ行きましょう。

■アレルギー反応はなぜでるのか?

白髪染めを利用してアレルギー症状が出るのはなぜかというとジアミンが白髪染めの成分に含まれているからです。
刺激が強い化学染料なのでジアミンアレルギーという症状が出るケースがあるのです。
では化学染料ではなく植物由来の染料であれば肌に優しいから安心とパッチテストはする必要がないのかというとそうではありません。
花粉症の原因がスギ花粉だったりするように、植物がアレルギーになる場合もあるのでどんな白髪染めであっても必ず行って下さい。

もしパッチテストでは平気でも腕の内側よりも頭皮の方がデリケートですから白髪染めをしてアレルギー症状が出る場合もあります。
アレルギー症状が出た場合は即座に白髪染めの使用を中止して下さい。